痩身, 美容整形

美容整形外科で腹に脂肪分解注射を打った話

私は、10代後半の時、大阪の容整形外科で脂肪分解注射を打ちました。
当時、体型の割にお腹だけが太っていることにコンプレックスを抱いていたのです。
自分なりにダイエットをしたのですが、どうしてもポッコリお腹が治りませんでした。
ネットで散々調べた結果、脂肪吸引という言葉を見つけました。
ただ、ほぼ手術みたいな感じだったので、抵抗があったのです。
他に何かないか?と続けて探していた時に、『切らないプチ痩身』『注射で部分痩せ』ということで、脂肪分解注射を発見。
費用もかかりますが、とにかく手っ取り早く痩せたかった私は、一瞬にして決意しました。
バイトでためたお金と、親から借りたお金を合わせて財布に現金を投入し、田舎から東京に向かいました。

いざ施術室へ。
チクりと一瞬の痛みで終わるのかなと思いましたが、予想の数倍痛かったのを覚えています。
お腹の中に針を入れられたまま、ゴリゴリ動かされる感じでした。
特殊な液体をじっくり注入され、その日は痛みで触ることもできませんでした。

その後1週間ぐらいは紫色に変色し、大変なことになったなと思いましたが、2週間もすれば元通りになりました。
食事制限も合わせてしっかりやったところ、結果的に、3か月で13キロほど痩せました。
20代になり、ストレス等で暴飲暴食を繰り返した結果、またポッコリお腹になってしまいましたが…
とにかく、ある程度の痛みは伴いますが、手っ取り早く部分痩せしたい方にはお勧めです。
食事制限もしっかりやりましょう。